社会人の常識を忘れずに

社会人の常識を忘れずに

スクールカウンセラーはこころの専門家でありますが、その前に社会人として一人前の人間として、他の人たちから認められるようにならなければいけません。

そのように学校のスタッフの一員として認められ、信頼されてこそスクールカウンセラーとしての仕事ができるようになります。

1,あいさつ
いわずもがなですが、あいさつは人間関係の基本です。
あいさつがきちんとできるだけでも評価はよくなります。
社会人として、気持ちのいいあいさつをこころがけましょう。

2,言葉遣い
丁寧な言葉使いと正しい敬語を使いましょう。

3,身だしなみと見た目の印象に気をつける
人の印象は視覚からの情報が大きな割合を占めます。服装・髪型・化粧はもちろんのこと、しぐさや表情などにも十分気をつけて、人に不快感を与えないように注意しましょう。

4,謙虚であれ、ユーモアを忘れず
周りの人たちと協力して仕事に取り組むためには謙虚さが非常に重要です。傲慢で独善的な態度では人の協力を得ることはできません。また周りの人たちへの感謝の気持ちを忘れず、きっちりとその気持ちを伝えることも重要です。
また常にユーモアを忘れず、人間関係の緊張を解きほぐす術を身につけましょう。

5,時間・約束を守る
当たり前のことですが、約束を守ることは意外と難しいものです。しかし小さな約束を守り続けることで大きな信用を得ることができます。時間にルーズな人は信用を得ることができません。

6,文章作成
文章は後々まで残るものです。目的に応じて分かりやすく読みやすい文章を作る技術を身につけましょう。

このように色々挙げましたが、ほんの一例です。

人として社会人として最低限の常識は身につけておきましょう。