仕事内容

仕事内容

スクールカウンセラーの仕事内容は多岐にわたりますが、文部科学省のスクールカウンセラー事業において、スクールカウンセラーの職務内容として以下の4点が掲げられてきました。

①児童生徒へのカウンセリング

②カウンセリング等に関する教職員および保護者に対する助言・援助

③児童生徒のカウンセリング等に関する情報収集・提供

④その他の児童生徒のカウンセリング等に関し、各学校において適当と認められるもの


①児童生徒へのカウンセリング
個別カウンセリングやグループカウンセリングなど。また相談室を開放するなどの居場所作りなどがあります。また時には心理査定(アセスメント)によって、LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、自閉症などの検査の必要などもあります。

②カウンセリング等に関する教職員および保護者に対する助言・援助
保護者からの相談に対するカウンセリングや教師へのコンサルテーションなどです。児童生徒の問題解決には保護者や教師のとの協力関係が必要です。保護者や教師ともうまく連携を取りながら進めていく必要があります。

③児童生徒のカウンセリング等に関する情報収集・提供
学校内で連携して情報収集や提供をすることはもちろんですが、学校内だけでは解決できない問題は学外の専門機関との連携の必要も出てくる場合があります。たとえば精神疾患などが疑われる場合は医療機関での治療が必要ですし、虐待の可能性がある場合は児童相談所への通告の必要が出てきます。

④その他の児童生徒のカウンセリング等に関し、各学校において適当と認められるもの
学校内で発行するニュースレターや広報活動。または保護者や児童生徒への講演。教職員への研修など。

以上のようにスクールカウンセラーの仕事は、実際に子供たちに対してのカウンセリングから学校という環境ならではの業務など非常に様々なことをこなす必要があります。