校務分掌とは

校務分掌とは

校務分掌とは、学校内で教育目標達成のために、また運営上必要な業務を、能率的・効率的に仕事を分担し、処理していく組織系統のことをいいます。

一般的な中学校の校務分掌のモデルは以下のような感じです。

どの分掌組織がどのような役割を持っているかは学校により違う場合もありますが、一般的に以下のような役割になっています。

教務部
教務主任を中心に教育課程(カリキュラム)や時間割の作成児童・生徒の学籍・成績に関する事務処理、教科書に関する事務処理、定期考査の運営など学習指導全般についての計画立案・調整を図ります。
そのなかには、道徳指導係、特別活動係などがあります。

生徒指導部
生徒指導主事を中心に、校則などの検討や、校内外の児童生徒の生徒指導全般、生徒会の指導などについての計画立案・調整を図ります。
そのなかには、校内生活係、校外生活係、生徒会係、教育相談係などがあります。

進路指導部
進路指導主事を中心に、進学や就職に関わる計画立案・調整を図る部署です。情報の収集と広報、進路に関する統計、進学・就職活動の支援などを行います。
そのなかには、進路指導係、進路相談係などがあります。

保健体育指導部
保健主事を中心に、健康安全に関わる計画立案・調整を図る部署です。保健室の管理、健康・身体に関する統計、身体測定・各種検診の計画・実施などを行います。
養護教諭が部員になっている場合がほとんどです。
そのなかには、保健係、体育係、給食指導係、厚生美化係などがあります。

研修部
研修主事を中心に、研修に関する計画立案・調整を図る部署です。教務部内の係に位置づけられている場合もあります。

事務部
事務主任を中心に、施設・設備の管理・営繕、出納、給与管理、財産管理、契約など学校事務と施設設備に関する業務を行う部署です。基本的には事務職員が部員となって、教職員も数名配置されています。

職員会議
全教職員で構成される学校としての最高の意思形成機関です。議決機関ではなく、校長の補助機関であり、学校が専門職の教職員集団であることから校長の諮問機関でもあります。

各種委員会
各学校により生徒指導特別委員会や研究委員会など様々な委員会が設置されます。保護者との連携業務を行うPTA委員会は総務が行う学校もあります。


大まかには以上のような感じですが、ほかには学校により、図書部、情報システム部など様々な部署があります。